ホームページ作成京都 |

ホームページ作成京都

ホームページ作成京都

2011.11.26 Sat

01:08:53

上海市政府から「白玉蘭栄誉賞」を受賞=資生堂中国総代表の宮川氏

 資生堂の執行役員中国事業部長で中国総代表の宮川勝氏は9月30日、中国の上海市政府貴賓庁において韓正市長から「白玉蘭栄誉賞」を受賞した(写真は左が宮川氏)。日本の化粧品業界からは初めて、2011年度の受賞者全12人の中で唯一の日本人だった。白玉蘭栄誉賞は1993年に創設され、長期にわたって上海市の経済、技術、教育、文化など多方面に大きな貢献をした外国人に授与される賞。「白玉蘭(和名:ハナモクレン)は空に向かって咲き、生命力にあふれ、発展と希望の象徴として1986年に上海の市花に制定されている。

 宮川氏が選ばれたのは、上海市での事業活動および化粧・美容文化の普及、雇用の促進などのさまざまな社会貢献活動に対する評価。美容と化粧の分野では、2009年4月に「資生堂ライフクオリティビューティーセンター」を上海に開設し、あざや白斑など、肌に悩みを持つ人を対象にメーキャップアドバイスを行っている。また、2010年5月から10月末まで開催された上海万博では、日系企業で唯一の「化粧品プロジェクトスポンサー」として協賛し、万博事務局や日本館スタッフらを対象に美容セミナーを開催した。さらに、中国全土の中国女性市長会、大学生、企業などの女性を対象とした美容セミナーを継続して開催している。

 社会と文化の面では、国家規模のプロジェクト基金「希望工程基金」を介して小学校の校舎建築や増改築を支援する「希望小学校」の運動に参画。また、2008年から10年計画で進めている植林活動や中国専用ブランド「ウララ」の容器に環境低負荷型ポリ乳酸容器を採用するなど、環境分野でも息の長い貢献活動を展開している。

 宮川氏は、今回の受賞にあたって「中国での事業開始から30年の節目を迎える今年、上海市政府から白玉蘭栄誉賞をいただき、大変光栄であり感謝申し上げます。この賞は私個人というよりも、会社全体として頂戴したものと思っております。上海は多くのチャンスと新しいものを創造するエネルギーにあふれる都市です。資生堂は今後も一企業市民として上海、そして全ての中国市場の皆さまのお役に立ちたいと考えております」と感謝の言葉を述べた。(編集担当:徳永浩)

ホームページ作成株式会社杉山システム

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら