ホームページ作成京都 |

ホームページ作成京都

ホームページ作成京都 もちつき、スイーツ系味わう 向日神社

2011.12.05 Mon

12:06:57

蒸したもち米の湯気が立ち上る中、子どもたちが大きなきねを力いっぱいに振り下ろす。大人がそばで支え、「よいしょ、よいしょ」と掛け声が飛ぶ。
 晴天に恵まれた4日、向日市の向日神社で日本ボーイスカウト京都連盟向日第1団が催すもちつき大会が開かれた。ガールスカウトを含め小中学生や保護者など約100人が参加し、にぎわった。
 ついたもちは雑煮に入れたり、焼いてみたらし団子風にした。子どもたちの発案で「バイキングコーナー」も設けられ、チョコレートや缶詰のミカン、パイナップルをくるんだ「スイーツ系」も登場。訪れた人は、多彩な味を楽しんだ。
 第3向陽小3年の森下宗樹君(9)は「きねが重かったので、全身を動かしてもちをついた。軟らかくて温かくておいしい」と喜んでいた

ホームページ作成株式会社杉山システム

オススメ情報

ホームページ作成京都 木村さん、長寿日本一に 京丹後の114歳男性

2011.12.03 Sat

01:52:47

京都府は2日、114歳で男性長寿世界一の京丹後市丹後町中野、木村次郎右衛門さんが、佐賀県の115歳の女性の死去に伴い、国内最高齢者になったと発表した。
 木村さんは今年4月、男性長寿世界一となり、ギネス世界記録の認定を受けた。9月に中山泰・京丹後市長らが訪問した際は、「神の許す範囲ですが、今後も何でも見続けていきたいと思います」と笑顔で応じた。
 国内最高齢になったことに対し、同居している木村さんの孫の妻、栄子さん(58)は「これからも健康で、家族の心の支えになってほしいと思います」と同市を通じてコメントした

ホームページ作成株式会社杉山システム

ホームページ作成京都 景気持ち直し穏やか 日銀副総裁、京都経済界と懇談

2011.11.30 Wed

15:17:23

日本銀行の金融経済懇談会が30日、京都市内のホテルで開かれ、西村清彦日銀副総裁が京都の経済人や行政関係者と金融政策について意見を交わした。
 同懇談会は日銀が各地の経済状況を聞き取り金融政策に反映させるため、定期的に開催されている。京都では2009年3月以来の開催となる。懇談会には京都経営者協会の位高光司会長や太田昇京都府副知事、京都銀行協会の高?秀夫会長、立石義雄京都商工会議所会頭らが出席した。
 西村副総裁は欧州の政府債務問題について、「国際金融資本市場の緊張が長期間にわたって続き、信用収縮が広がるリスクも意識しておく必要がある」と指摘。国内経済については「夏場にかけて予想以上のスピードで持ち直してきているが、海外経済の減速の影響からペースは緩やか」との認識を示した。
 京都経済について、「多くのベンチャー企業を輩出した先進的な気質、豊かな伝統や観光資源、レベルの高い研究機関が存在し、世界でも有数の潜在力を持つ魅力的な地域」と述べ、産学公連携による成長を期待した

ホームページ作成株式会社杉山システム

ホームページ作成京都

2011.11.26 Sat

01:08:53

上海市政府から「白玉蘭栄誉賞」を受賞=資生堂中国総代表の宮川氏

 資生堂の執行役員中国事業部長で中国総代表の宮川勝氏は9月30日、中国の上海市政府貴賓庁において韓正市長から「白玉蘭栄誉賞」を受賞した(写真は左が宮川氏)。日本の化粧品業界からは初めて、2011年度の受賞者全12人の中で唯一の日本人だった。白玉蘭栄誉賞は1993年に創設され、長期にわたって上海市の経済、技術、教育、文化など多方面に大きな貢献をした外国人に授与される賞。「白玉蘭(和名:ハナモクレン)は空に向かって咲き、生命力にあふれ、発展と希望の象徴として1986年に上海の市花に制定されている。

 宮川氏が選ばれたのは、上海市での事業活動および化粧・美容文化の普及、雇用の促進などのさまざまな社会貢献活動に対する評価。美容と化粧の分野では、2009年4月に「資生堂ライフクオリティビューティーセンター」を上海に開設し、あざや白斑など、肌に悩みを持つ人を対象にメーキャップアドバイスを行っている。また、2010年5月から10月末まで開催された上海万博では、日系企業で唯一の「化粧品プロジェクトスポンサー」として協賛し、万博事務局や日本館スタッフらを対象に美容セミナーを開催した。さらに、中国全土の中国女性市長会、大学生、企業などの女性を対象とした美容セミナーを継続して開催している。

 社会と文化の面では、国家規模のプロジェクト基金「希望工程基金」を介して小学校の校舎建築や増改築を支援する「希望小学校」の運動に参画。また、2008年から10年計画で進めている植林活動や中国専用ブランド「ウララ」の容器に環境低負荷型ポリ乳酸容器を採用するなど、環境分野でも息の長い貢献活動を展開している。

 宮川氏は、今回の受賞にあたって「中国での事業開始から30年の節目を迎える今年、上海市政府から白玉蘭栄誉賞をいただき、大変光栄であり感謝申し上げます。この賞は私個人というよりも、会社全体として頂戴したものと思っております。上海は多くのチャンスと新しいものを創造するエネルギーにあふれる都市です。資生堂は今後も一企業市民として上海、そして全ての中国市場の皆さまのお役に立ちたいと考えております」と感謝の言葉を述べた。(編集担当:徳永浩)

ホームページ作成株式会社杉山システム

ホームページ作成京都 給食用に放射線測定器 6センターに配備へ 仙台市教委

2011.11.24 Thu

22:20:32

仙台市教委は、学校給食用に納入された食材の放射性物質を検査するため、新たに簡易測定器を6台購入し、市内六つの学校給食センターに配備することを決めた。12月1日開会の市議会12月定例会に提出する一般会計補正予算案に購入費約1770万円を計上した。
 各センターに前日と当日朝に納入された食材から数種類を選んで計測し、結果は翌日までにホームページで公表する。測定器は全国で需要が高く納品に時間がかかるため、使用開始は来年3月ごろの見通し。
 六つのセンターは、市立小中学校計108校に給食を提供している。これ以外の小中学校と特別支援学校、定時制高校の計85の単独調理校については、今回購入する測定器の運用で対応する。
 市教委は9月以降、使用頻度の高い食材から週2〜3品目を選び、精密測定器を持つ民間機関に依頼してサンプリング検査を実施している。簡易測定器導入後も、この検査を継続する。
 健康教育課は「実際に給食で使用する食材を検査するため、より安全性と信頼性を高めることができる」と話している

ホームページ作成株式会社杉山システム